ABOUT

日本三大織物の一つ "博多織" 博多織は細い経糸を多く用い、太い緯糸を筬で強く打ちこむことで経糸を浮かせて柄を織り出すのが博多織の特徴でございます。 770年以上もの歴史をもち、中国の王朝・宋から、博多の商人が持ち帰った織の技法がルーツといわれております。 多くの経糸に、緯糸を強く打ち込むことで厚く、張りのある生地に織り上がるのが特徴とされており、特に和服や浴衣の帯として愛され続けてきました。 また、幕府へも献上されたことから博多織の帯は特に重宝されてきました。 博多織で作られた袋物を世界中の人達がおしゃれアイテムの一つとして..... そんな素敵な世界を想像しております。 ここでは博多織でも特に最上級品である献上柄とモダンな柄の波筬(なみおさ)柄の袋物などの商品をご提供いたします。